ライブコマースは、新たなオンラインショッピングのトレンドとして急速に注目を集めています。今回は、ライブコマースの概要やメリット、注意点に加え、日本や中国で利用されている注目のライブコマースアプリやプラットフォームを紹介していきます。

ライブコマースとは

ライブコマースとは

ライブコマースとはリアルタイムのライブ動画を通じて商品を宣伝・販売する電子商取引のことです。販売者が製品をライブで紹介し、直接購入が可能。商品購入を対話的かつダイナミックにするため、ブランドと顧客のコミュニティを構築しています。中国などで特に成功し、ソーシャルメディアの拡散と即時性を活かした新たなショッピング体験を提供しています。

 

Eコマースに役立つAIツール

ライブコマースのような、デジタルでのショッピングの筆頭となったEコマースは、現在多くの消費者が利用しています。ここでは、EC運営やサイトデザインに活用できる超便利なAIツールを3つ紹介します。

1. AIファッションモデル

AIファッションモデル

AIファッションモデルは、Eコマース向けのAI生成ファッションモデルサービスで、画像のアップロードとカスタマイズを通じて迅速にAIモデルを生成します。異なる年齢や性別のモデル作成に対応し、ブランドの多様性と包容性をサポート。テキスト説明に基づいた簡単なAIモデル生成も可能です。

AIファッションモデル

 

2. AI背景生成

AI背景生成

AI背景生���は、AIベースのツールで、数クリックでeコマース画像にプロフェッショナルでリアルな背景を生成。高度なAIが製品を識別し、最適な背景を提供します。製品画像をアップロードしてテキストを入力し、カスタム画像サイズや複数のテーマで様々なプラットフォームに最適な画像を作成します。

AI背景生成

 

3. BGremover

BGremover

BGremoverはAI技術を用いて、画像被写体を正確に抽出し、高品質な透明な背景を素早く生成します。人物とモノの二つの処理スタイルで高精度な切り抜きが可能で、ワンクリックで背景透過を実現。背景差し替えも可能で、ビジネスや個人の用途に合わせた簡便な画像編集が叶います。

背景透過

 

ライブコマースが中国で盛り上がっている理由

ライブコマース

ライブコマースは中国で急速に普及しています。その背景には、Eコマースへのスムーズな連携や、SNSへの共有、変身願望があると考えられています。また、ライブコマースとはライブストリームのリアルタイムのコミュニケーションとなるため、消費者との間でより信頼性を築くことが可能なのです。

 

日本でも始まっているライブコマース

ライブコマース 日本

EC市場の拡大と巣ごもり需要の影響により、ライブコマースへの関心が日本でも高まっています。特に若い世代ではSNSを活用したライブコマースや、お気に入りのインフルエンサーによるライブ配信で、コスメやファッション用品の取引が充実しています。中長期的には、ライブコマース市場は日本でも大規模に形成されるでしょう。

 

ライブコマースを導入するメリット

ライブコマースを導入するメリット

ライブコマースは知名度が高まっているものの、日本ではまだまだ未開の地。ここでは、これからライブコマースを導入する際におさえておきたいメリットを紹介します。

1. 商品を全面的に紹介できる

ライブコマースは、リアルタイムで商品紹介が可能です。売り手は様々な商品を紹介し、実演できるため、従来のEコマースの商品リストを超えたダイナミックでインタラクティブなショッピング体験を提供できます。

2. 顧客の質問へ即座に答える

売り手は質問に答えたり、使い方を教えたりと、リアルタイムの情報を提供します。それにより、消費者と直接的でパーソナライズされたつながりを育むことができるのです。

3. ネット商品を購入する不安を払拭

ライブコマースは、オンラインショッピングに伴う不安を払拭するのに役立ちます。商品を実際に見てもらい、顧客からの問い合わせにライブで対応することで、購入者の信頼感を高められるのです。

4. 視聴者の方と深く交流できる

ライブコマースは、視聴者と販売者との間の深い交流を促進します。これにより、顧客は商品についてより深く学んだり、ブランドや販売者のストーリーを理解することもできます。こうして、つながりや信頼を構築するのです。

 

ライブコマースを始めるコツ・注意点

ライブコマースを始めるコツ

ここでは、ライブコマースを中国のように成功させたいと考えている方がハマりやすい落とし穴について解説します。

1. コミュニケーション力の高い配信者が必要

ライブコマースでは、視聴者を惹きつけ、説得力を持って商品を紹介するために、効果的なコミュニケーションが非常に重要です。適任のインフルエンサーやタレントを起用して、しっかりと視聴者との信頼関係を築く必要があります。

2. 配信施設を揃える

タイムリーで信頼性の高い配送は、顧客満足に不可欠です。複数の配送センターを戦略的に配置することで、配送プロセスを合理化し配送時間を短縮することで、顧客満足度をアップさせます。

3. ライブに応じる商品を選ぶ

視覚的に魅力的で、ライブで効果的に実演できる製品を選びましょう。製品のユニークな特徴や利点を強調し、目立たせることが重要です。製品の組み合わせを選ぶことは、ライブコマースを成功させるために不可欠です。

4. 回答を事前に準備

ライブ中に視聴者から寄せられる質問を予測し、準備しておくと良いでしょう。情報豊富な回答を準備しておくことは、専門知識とプロフェッショナル感を演出します。

5. ライブコ���ースツールを決める

UI、技術的能力、視聴者リーチ、Eコマースとの統合などの要素を考えましょう。ライブコマースツールでは、シームレスなライブストリーミング、視聴者のエンゲージメント機能、注文処理をサポートする機能を持つものがおすすめです。

6. 商品在庫の確認

ライブ中に在庫切れが発生すると、顧客の不満や売上損失につながります。在庫を定期的に確認し、リアルタイムの在庫状況を反映するように更新することで、スムーズで信頼性の高いショッピング体験を提供できます。

 

ライブコマースアプリ・プラットフォームおすすめ5選

ここでは、ライブコマースを日本ではじめたい方必見の、ライブコマースアプリやライブコマースプラットフォームを紹介します。

1. HandsUP

HandsUP

HandsUPは伴走型ソリューションサービスで、導入から成功まで一気通貫でサポートします。ライブコマースの導入から本格運用までのポイントを分析し、企業属性に合わせた提案とPDCAサポート。17LIVEや200社以上の導入実績に基づくノウハウを持つ、ライブコマースのスペシャリストが伴走します。

 

2. Instagram

Instagram

Instagramのライブコマースは、アプリを通じて商品をリアルタイムに紹介し、購入を促進する機能です。ブランドや事業者はライブ中に直接視聴者と対話し宣伝・販売が可能。フォロワーはお気に入りのコンテンツがライブ開始すると通知を受け、視聴者は商品に興味を持ったら即座に購入できます。

 

3. ドロップ

ドロップ

ドロップは、ライブショッピングアプリで、同じ趣味の人たちと楽しく購入・販売できるプラットフォームです。45秒のオークションでライブ中にアイテムを購入でき、ワンタップでの簡単な決済が可能。リアルタイムで質問や会話ができ、古着やスニーカー、ブランド品など多岐にわたるカテゴリを取り扱っています。

 

4. PeaceYouLive

PeaceYouLive

PeaceYouLiveは、オークション機能付きの簡単なライブ配信アプリです。全国の無料ライブを視聴し、視聴者は商品を出品・購入できます。コメントや質問も無料で可能で、フォロー・ブロック機能で安全な配信と販売が実現。気軽に参加し、コミュニケーションを楽しめますよ。

 

5. TAGsAPI

TAGsAPI

TAGsAPIは、ライブコマースから売り上げを生み出す独自のECプラットフォームです。動画DX機能でライブコマースとショートムービーを統合し、多彩な表示方式を提供します。接客と情報伝達を通じて購買体験を向上させ、ショートムービーを活用した顧客エンゲージメントも促進可能です。

 

まとめ

ライブコマースは、対話を通じた新たなショッピング体験として、日本でもじわじわと盛り上がっています。商品実演や直感的な購入体験が面白い効果的な販売手法として、あなたもライブコマースを始めてはいかがでしょう?ライブコマースの商品画像や、効果的なEコマース宣伝写真にお悩みの方は、ぜひVanceAIをお使いください!

この記事は役に立ちましたか?
Akaru
Akaru
「ググればなんとかなる」という言葉に非常に共感するアカルです。まとめた情報がお役に立てば幸いです。